いこーるの楽屋裏ブログ

ポケモンメイン予定

【ポケモンUSM】メガギャラドス軸の記録簿①ギャラコケコ S9最高レート1823【全国ダブル】

はじめに

 お久しぶりです。いこーるです。シーズン10の全国ダブルにおいてメガギャラドスをパーティに入れて対戦を行っていたところ、個人的な目標であるレート1800を越えることができたため遅まきながら記事として残そうと思いました。

 

f:id:sunnyplace425:20180823230230p:plain

f:id:sunnyplace425:20180823230621j:plain

↑この画像の直後の試合に勝利し1823に到達したのが、この構築の最高レートです。

 

構築経緯

 メガメタグロス軸の多さや威嚇ガオガエンの解禁とその流行からメガギャラドスの水・悪の技範囲が刺さるのではないかと思い、メガ枠として採用しました。そこに猫だましと威嚇でメガギャラが竜の舞をサポートでき、メガギャラの苦手な草タイプを処理できるガオガエン。妖タイプやリザY、サンダーなどメガギャラの不利な相手に抜群をつけるウツロイド。メガギャラで処理しにくい水タイプやジャラランガを処理できるカプ・コケコ。まずこの三匹を入れ基本選出とし、その四匹で厳しい雨パに強いエレキシードテッカグヤと同じく構築で厳しいトリルパに強く、怒りの粉でメガギャラのサポートもできるモロバレルを入れてパーティが完成しました。

 構築を作る際、参考にするため過去のギャラ軸構築がないか検索してレート1900台に載ったものを見つけはしたんですが威嚇ガオガエン解禁前の環境での結果であり、あまり参考にできなかったです。代わりにオセアニアのwcs大会で三位になったというギャラ軸の構築のQRパーティを発見し、今回の記事の構築を使用する前に少しアレンジして使っていました。確かレート1750は超えた気がします。

 ↓がそのQRパーティの画像です。

f:id:sunnyplace425:20180823233217p:plain

 

個体紹介

メガギャラドス

f:id:sunnyplace425:20180823225651p:plain

性格:陽気 ステータス(()内努力値):H181(84)A207(252)B130(4)C×D151(4)S134(164)

ステータスは少しでも火力を上げるためにAは極振り、Sは能力変化+1で(一回竜の舞をして)最速130族をぴったり抜ける値です。残りは竜の舞で1ターンを使う以上少しでも耐久を上げるため、出来るだけHに回しました。BDに1ずつ振り分けたのはHを奇数にしようと思ったからですが大して意味がないと思ったので残り全てHに振って良いと思います。

ガエンの猫だましや威嚇、バレルの怒りの粉でサポートすることで竜の舞を積み、通りの良い滝登り、かみ砕くでグロスやランド、ガエンを処理するのが仕事です。グロス軸のサンダーやコケコ、レヒレ、テテフあたりを処理すれば相手からは一致抜群技を撃たれることがなくなるため、グロス軸の詰め役としてとても強かったです。また竜の舞があるためバレルのクリアスモッグを合わせることでツボラキ系の構築にも対応できます。

反省として、選出するのがグロス軸に偏ってしまったため選出率が30~40%ほどとなり、メガ枠としてはもったいない運用だったと思います。この記事の後にもう一つギャラ軸の構築記事を書く予定ですが、そちらのパーティでは選出率を80%以上にできたため、この欠点は改善できたと思います。

 また環境に多い混乱木の実ガエン(ここではH実数値200 B実数値110と仮定)が±0滝登りで6.3%の乱数でしか落とせないため、威嚇サイクルを確実に止めることができません。そのためサイクルに絡めるよりは相手のポケモンを一匹から二匹落としたあとに詰めとして出すべきだと思います。

 

 〈ダメージ計算〉

火力(メガ状態)

無振り霊獣ランドロスに±0滝登りが103.7-124.4%のダメージ

B4振りメガメタグロスに+1かみ砕くが105.8-125.3%のダメージ

           ±0かみ砕くが71.0-85.2%のダメージ

H252振りメガサーナイトに+1滝登り/かみ砕くが94.3-111.4%のダメージ

B4振りコケコに+1滝登りが91.0-107.6%のダメージ

H252振りサンダーに±0滝登り/かみ砕くが45.7-53.8%のダメージ

H252振りヤレユータンに±0かみ砕くが94.4-112.7%のダメージ

 

耐久(メガ状態)

C特化レヒレムーンフォースが64.1-76.2%のダメージ

C特化テテフのムーンフォースが79.3-93.9%のダメージ 

C特化Cメガサーナイトのダブルダメージハイパーボイスが79.6-93.9%のダメージ

C252振りサンダーの10万ボルトが66.3-79.6%のダメージ

C252メガボーマンダのダブルダメージハイパーボイスが28.7-34.8%のダメージ

A特化霊獣ランドロスの馬鹿力が82.9-98.3%のダメージ

A252振りメガボーマンダの捨て身タックルが68.5‐81.2%のダメージ

A‐1状態のA特化メガガルーラの捨て身タックルが45.9‐55.2%のダメージ

A‐1状態のA特化メガバンギラスのダブルダメージ岩雪崩が21.5‐25.4%のダメージ

 

ウツロイド

f:id:sunnyplace425:20180823225709p:plain

性格:臆病 ステータス:H185(4)A×B67(0)C179(252)D151(0)S170(252) 特性:ビーストブースト 持ち物:岩Z 技:パワージェム ヘドロ爆弾 身代わり 守る

飛行タイプやフェアリータイプを処理するための枠。ギャラを使う以上サンダーが重くなるため岩Zで吹き飛ばせるようにしました。身代わりに関して、ウツロイドがタイプ有利なポケモンにはめっぽう強いため、相手の守るや交代を誘発しやすく使う機会は多かったです。

この構築を使っていると相手のグロス軸は80%以上ランドロスとサンダーを先発させてくるため、こちらはガエンとウツロイドを先発させてランドへの猫だましと身代わりから入り、次のターンにどちらかをZで飛ばす動きをしていました。ただ岩Zはグロス交代で簡単に受けられてしまうため、サンダーの処理をし損ねないよう慎重にタイミングを見計らっておく必要があると思います。

 

ガオガエン

f:id:sunnyplace425:20180823225729p:plain

 性格:意地っ張り ステータス:H200(236)A154(36)B111(4)C×D129(148)S91(84) 特性:威嚇 持ち物:フィラの実 技:フレアドライブ 叩き落とす とんぼ返り 猫だまし

威嚇と猫だましでギャラの竜舞をサポートする役割。複数回受け出すことを考え半分回復木の実を持たせました。ガエンのフレドラがカミツルギナットレイへの唯一の打点となっているため、その二匹が相手にいるときは大事に扱いました。

サイクルを回すためのとんぼ返りを入れましたが、守るを入れた方がトリルへの時間稼ぎになるため良いと思います。

 

カプ・コケコ

f:id:sunnyplace425:20180823225750p:plain

性格:控え目 ステータス:H145(0)A×B(4)C(252)D(0)S(252) 特性:エレキメイカー 持ち物:拘り眼鏡 技:10万ボルト エレキネット ボルトチェンジ マジカルシャイン

 Zをウツロイドに持たせているため、フィールドを奪われても火力が出るように拘り眼鏡を持たせました。避雷針のポケモン出されても隣のポケモンに圧力をかけられるようにエレキネットを採用し、同時にこの構築に少ないS操作を補っています。

拘ることによるデメリットはあまり感じませんでした。

 

テッカグヤ

f:id:sunnyplace425:20180823225802p:plain

性格:慎重 ステータス:H201(228)A121(0)B136(100)C×D158(180)S81(0) 特性:ビーストブースト 持ち物:エレキシード 技:アクロバット ワイドガード やどりぎのタネ 守る

雨パとフェアリータイプ対策。メガラグラージにも対抗できるようにエレキシードを持たせ、これによりテテフグロスにもかなり強くなりました。ビーストブーストでDが上がるため一匹でもカグヤの餌にできると要塞が完成します。ただ回復ソースがやどりぎのタネなので命中不安に悩まされるのが欠点です。

サナのハイボや様々なポケモンからの岩雪崩を防ぐためにワイドガードを入れましたがあまり役に立った印象がないため、雨パのナットにも勝てるように性格を冷静にし、火炎放射を持たせた方がいいと思います。

 

モロバレル

f:id:sunnyplace425:20180823225858p:plain

性格:生意気 ステータス:H221(252)A×B116(204)C105(0)D117(52)S31(0) 特性:胞子 持ち物:イアの実 技:クリアスモッグ キノコの胞子 怒りの粉 守る

対トリル、ギミック要員。トリルクチートや腹太鼓カビゴンマリルリがキツいため、その攻撃を引き寄せたり、クリアスモッグで能力上昇をリセットして対処できるように採用しました。何回も攻撃を受けてもらうため半分回復木の実を持たせました。

技に関して、草技を入れて火力を上げるよりも守って相手からの集中攻撃やZを防げた方が良いと思い守るを入れました。

 

選出

基本選出

先発:コケコ ウツロイド

後発:ギャラ ガエン

 

対雨パ

先発:カグヤ コケコ

後発:ギャラ、ガエン、バレルから二匹

 

対サナ軸

先発:ガエン ウツロイド

後発:コケコ カグヤ

 

 

最後に

 この記事は自分の考えの保存用でもありますが、これを読んでギャラドス軸の構築を別の誰かが考えてくれたらいいな、なんて考えたりもしています。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

筆者Twitterアカウント:@equal_5240